和食の特徴

和食の特徴記事一覧

アメリカの日本料理事情

日米関係は第二次大戦が終了してからは緊密になり、戦後の復興も占領国アメリカの指導の下に進められました。特に敗戦国である日本はそれまでの体制を全て根本的に見直したり解体したりして根幹である憲法も草案から内容の指導まで管理体制を敷いていたGHQの指導を受けて作り直しました。戦争による大きな犠牲を払いまし...

≫続きを読む

 

本場より美味しい

海外で本場の料理を食べれば美味しいですよね。イタリアでイタリア料理を食べれば美味しいですし、フランスでフランス料理を食べれば美味しいですよね。しかし、日本でも同じような美味しいイタリアンやフレンチを食べる事が出来ます。中には、本場イタリアやフランスで食べるのよりも日本で食べるほうが美味しかったりする...

≫続きを読む

 

誇りを持って

日本のレストランってどこに行っても美味しいですよね?勿論美味しいというのは人によって違いますが、不味くて食べる事が出来ないなんていうことはありませんよね。大体は美味しく食べる事が出来ます。一方で外国に行くと、これが食べ物?というくらい美味しくなく、食べる事が出来ない料理などもあります。もちろん、その...

≫続きを読む

 

専門店

皆さんも知っているように、レストランとホテルを評価や案内をしているフランスのガイドブックがあります。欧米以外のバージョンとして始めて東京バージョンが出たのです。今まではフレンチレストランが格付けの対象になることが多かったのですが、初めて和食やお寿司屋さんが格付けされることになったのです。そしてなんと...

≫続きを読む

 

恵まれている

日本に住んでいると当たり前と思ってしまい何も感じないかと思いますが、実は日本のレストランって本当に美味しいのです。海外に行ってみると、実際に美味しくないレストランに当たってしまう事もあります。日本ではカップラーメンをお客さんに提供するようなお店って無いですよね。そういうお店があったとしても、それを売...

≫続きを読む

 

おもてなし

日本の外食が美味しいといわれている理由の一つに日本人ならではのおもてなしの心があります。どんなに美味しいレストランに行っても、接客態度が良くないと、100点満点をあげることができませんよね。特に日本には日本独特の「おもてなし」という心があります。お客さんに喜んでもらいたいというお店の気持ちがあるので...

≫続きを読む

 

すき焼きの名店「パート1」

日本人が本格的に牛肉を食べるようになったのは明治維新後に欧米からの賓客が来るようになってからの事です。日本は仏教等の関係からもあって4つ足の動物を食する事がありませんでしたが明治維新になって世界に対して門戸を開いたことから欧米からの商人や欧米の進んだ技術を伝えるために数多くの技師たちも来日しました。...

≫続きを読む

 

すき焼きの名店「パート2」

前章からの続きになりますが、日本の牛肉料理として「すき焼き」が世界に知れわたってゆきました。すき焼の前身の様な献立は明治27年に開業した本郷菊富士ホテルのオーナー夫妻がホテルに宿泊する外国人のために考案した「菊富士ホテル名物の牛鍋」とも言われております。このホテルは当時の広津和夫、宇野浩二、宇野千代...

≫続きを読む

 

大阪の和食店

大阪の北新地と言えば難波などの南とは対照的な土地柄で高級なバーなどがあり、接待向きの料理屋があるところです。ここの店主兼総調理長は石川県の能登半島の海山に恵まれた自然の豊かな土地柄で幼少期を過ごしたようです。味に敏感な子供の時期に大自然に育まれた四季折々の魚介類や野菜を口にしていた事が坂氏の舌の感覚...

≫続きを読む

 

洋食と和食

一昔前まではほとんどの食事が和食でした。フレンチレストランやイタリアンレストランが登場したのはここ50年程前のことです。その頃はまだ庶民が食べることが出来ない高級レストランという位置づけでした。また日本人の口に合わないということも相俟って、なかなか普及しませんでした。しかし、徐々に日本人の口に合うよ...

≫続きを読む