洋食と和食

洋食と和食

一昔前まではほとんどの食事が和食でした。フレンチレストランやイタリアンレストランが登場したのはここ50年程前のことです。その頃はまだ庶民が食べることが出来ない高級レストランという位置づけでした。また日本人の口に合わないということも相俟って、なかなか普及しませんでした。しかし、徐々に日本人の口に合うようにシェフたちが研究し、今のように一般的になってきたのです。

 

名古屋駅周辺で美味しいお蕎麦が食べられるお店

 

そして今のイタリアンやフレンチのような洋食は和食とのコラボレーションなどでさらに日本人に受け入れられるようになったのです。今まではスパゲティといったらミートソースやボンゴレビアンコといった洋風のスパゲティしかなかったのですが、ナポリタンや明太子スパゲティといった日本人向けに改造され、今や世界中でも愛されるレシピも登場しているのです。

 

立川でオススメの居酒屋

 

また、フランス料理と和食がコラボレーションしたフレンチ割烹なる新しいジャンルも登場して、ますます日本の外食産業を盛り上げているのです。また元々日本にある和食が洋風に変身することだってあるのです。例えば、おでんなども普通であれば出汁と一緒に食べますが、トマトなどと一緒に洋風おでんと変化したり、とんかつにソースではなく、バルサミコなどをかけたりすることもあるのです。

 

 

 

これからも沢山洋風と和食のコラボレーションが出てきて日本の外食産業を活発にしていってくれることだと思います。今以上にもっともっと美味しいレストランが日本だけでなく世界中にも沢山でてくるといいですね。