海外には居酒屋が存在しない

海外には居酒屋が存在しない

日本にいると、居酒屋の存在は当たり前のように受け入れています。
 
しかし日本以外の国には、居酒屋という文化が存在しないって知っていますか?

 

もちろん海外にもバーやバルなど、お酒を飲める場所は存在しています。
彼らにとっては、バーやバルとはお酒を楽しむ場所であり、食事を楽しむ場所ではありません。
だからこそ、居酒屋のようにお酒や料理を一緒に楽しめなくても、何も不満はないのです。

 

お酒と料理を一緒に楽しめた方がいい、そう考える日本人と、お酒はお酒、料理は料理、そう考える外国人。
その違いは何かと聞かれたら、文化の違いとしかいいようがありません。
例えば日本では、仕事の合間に食べるランチは、できるだけ早くすませたい。
そう思う人が多いでしょう。
しかし、ランチに2時間かける国もあれば、昼間は昼寝をするのが当たり前という国もあります。
その国の気候や風土、文化の中で、一番快適なライフスタイルが習慣として根付いているので、
それをおかしいという権利は誰にもありません。

 

もっとも日本の居酒屋という文化は、外国人にも受け入れられています。
日本に観光にきた外国人は、居酒屋でリーズナブルな価格で料理とお酒を楽しめる、そんな居酒屋文化を堪能しています。
郷に入れば郷に従えという言葉もありますが、そうした方がその国の良さを知る事が出来ますよね。

 

なので日本人が海外旅行をする際に、お酒が飲みたくなったら、まずは食事をしてからバルやバーに入るようにしましょう。
空きっ腹でお酒だけ飲んで、海外で酔っぱらうのは大変危険です。