日本人は食に細かい

日本人は食に細かい

日本の外食は美味しい、これは日本に住んでいる人にとっては嬉しい事です。
自分で料理が出来なくても、日本に住んでいたら食に困る事はありません。

 

なぜ日本の外食が美味しいのかというと、それは日本人が食に細かい民族だからです。
例えば、ラーメン屋では麺の硬さを何段階も注文をつける事が出来ますし、
スープカレーの店では辛さのレベルを調節できます。
こんなふうに細かく注文に応じてくれるのは、日本の外食店ぐらいです。
また応じてくれるからこそ、自分好みの味付けで食べる事が出来るのです。

 

他にも日本人の食の細かさは、いろいろあります。
新しいブームが次々に出現しますし、これだけTVでグルメ番組やグルメ情報誌が存在する国も珍しいでしょう。
もっとも日本人は食に関して、これだけ貪欲ですが、食べる量は他国と比べて小食です。
世界に店舗があるマクドナルドでは、国によってサイズを変えています。
ちなみに日本人のLサイズは、アメリカのMサイズよりも小さくなっています。

 

むしろ量が食べれないからこそ、ここまで味に拘るようになったのかもしれません。

 

そしてそんな食に煩い日本人を満足させる外食店は、
世界でトップクラスの美味しさを維持出来るというのも納得なのかもしれません。
ただブームのサイクルが短いので、外食店のスクラップ&ビルドの速さは異常とも言えますよね。
ついこの間までここにあったお店がもう閉店している。
そんなケースは珍しくありません。
しかしだからこし、そんな早い流れの中で生き残っている外食店はレベルが高く、人気店なのです。