日本の食材が安全

日本の食材が安全

日本の外食産業においては、多くのレストランにおいて少しでもコストを削減しようと食材を輸入に頼っている事が多々あります。しかし輸入食材が安全ではない事が多く、最近では輸入したり外国の食材を使わずに国産の食材を使って料理を提供するお店が増えてきました。とは言ってもまだまだ輸入食材に頼らないとコストが高くなってしまいますので、ある程度は使うレストランがまだまだ多くあります。

 

http://kawasaki-zin.com/

 

しかし輸入食材といっても日本に入ってくる食材はほぼ安全ですし、他の外国のレストランだと、腐ったものでも平気でお客さんに提供してしまったりすることがありますし、レストランの中にハエが飛びまわっていたりなどという汚い環境は日本ではほぼ見られません。そういった環境が日本にはないので、当然日本の外食は美味しいのです。

 

居酒屋 個室ならBEONE 〜ベオーネ〜 横浜店

 

日本のレストランでもし腐ったものが出されたら大事になりますし、そのレストランにはお客さんが来ず潰れてしまうことは明らかです。しかしその常識は日本だけなのです。他の国に行ってもその常識が通用すると思ったら大間違いなのです。

 

名駅の周辺で人気の居酒屋で私もよく利用しています。

 

平気で腐った食材を使ったり、一時日本でも問題にはなりましたが、他のお客さんに出したものを使いまわし事件があり、内部告発によって世間に露呈することとなり、結局お客さんが来なくなりました。一方外国ではそういう事が毎日のように行われているのです。つまり、日本のレストランはそういうことが起こることが滅多にないため安全で美味しいのです。美味しいのは当然といっても過言ではないのです。