すき焼きの名店「パート1」

すき焼きの名店「パート1」

日本人が本格的に牛肉を食べるようになったのは明治維新後に欧米からの賓客が来るようになってからの事です。

 

日本は仏教等の関係からもあって4つ足の動物を食する事がありませんでしたが明治維新になって世界に対して門戸を開いたことから欧米からの商人や欧米の進んだ技術を伝えるために数多くの技師たちも来日しました。

 

高田馬場 居酒屋

 

これらの欧米人の食欲を満たすために神戸などを中心に食用牛の飼育が進み美味しい牛肉が作れるようになりました。

 

この時期に、牛肉を焼いたり煮たりするための鉄器として農具に使うスキ、クワを使ったのが「すき焼き」の始まりと言われています。

 

すき焼きは明治時代から始まりましたが日本を訪れる外国人たちの口コミで「日本人の牛肉料理」として「神戸牛」とともに世界に知れわたってゆきました。

 

 

 

昭和時代には日本人も牛肉を当然のように食べるようになり、すき焼きは家庭料理の定
として各家庭には南部鉄で作られた「すき焼鍋」が常備されるまでになりました。

 

すき焼はどの家庭でも鍋と牛肉と野菜があれば簡単に作れる牛肉の食べ方として普及しましたが、本物の美味しいすき焼きの作り方は中々お眼にかかれません。

 

古くには明治時代の著名な小説家や画家などが長期滞在したことで文壇界で有名にであった本郷の菊富士ホテルのオーナー夫妻がホテルに宿泊する外国人のために考案した「菊富士ホテル名物の牛鍋」がありました。

 

 

 

現在でも当時の方法の面影を残している「すき焼屋」として、東京の元赤坂に某すき焼き店があります。

 

静かな住宅街の様な場所の戸一軒家の民家風の建物ですが、入口を入りますと一回はカウンターがありますが2回には幾つかの御座敷があります。→次章へ続く